[ 1 2 3 4 5 ・・11 ]次へ

※作品数の多い順に表示しています。
[ 1 2 3 4 5 ・・11 ]次へ
 スーツ女子ストーキング記録#07
配信開始日 2022/10/06
作品番号 tsuukinkaisoku-0004
出演者
メーカー 通勤快速
レーベル 通勤快速
カテゴリ 盗撮
価格 1,620円 (PPV)
作品紹介
【Chapter.01】今回は東○○駅近く在住、広告営業職の女性が獲物。駅でグレーのスーツに紺のコートの美女を発見。近づいてみるとなんと黒ストッキングじゃないですか!即決で尾行開始です。電車が来るまでベンチに座っている彼女を遠目から撮影。黒ストッキングからうっすら肌が透ける感じ、良いデニールです。隣に座り、足を近くでも撮る。マスクを外してメイク直し。顔も良い!大当たりです!彼女が立ち上がり乗車位置へ。すぐに後ろについて下からスカート中を盗撮。黒ストッキングから透けるパンティ。これはエロい!良い感じに撮れてました。2日目。この日は会社帰りの尾行狙い。16時あたりから駅で待つ。数時間後、彼女が到着。昨日とは違う黒スーツに白のダウン姿。直ぐに尾行開始して彼女と一緒のエレベーターに乗り込む。他に人もいないのでがっつりスカート中を盗撮。今日は生足。これもまた大好物です。ばっちりピンクのパンツまで撮れました。昨日と同じようにベンチに座って電車を待つ彼女。正面側からスカートの中を狙います。その後立って電車を待っている間も、ずっと下から盗撮。スカートの中が無防備で興奮しますね。電車に乗って数駅移動。自宅までしっかり尾行し、彼女のマンションまでたどりつけました。3階の3○○室。しかしここは焦らず確実に。3日目。朝、彼女が出勤するのを確認。オートロックを抜けて彼女の部屋に侵入。さっきまで朝食を食べていたのか、まだ、うっすらコーヒーの良い香りがする。ベッド近くで部屋着を発見。まだ温かいぞ!しっかり部屋着で深呼吸してチンコはすでにビンビンです。しばらく部屋を物色。会社の資料などがよくまとめられている。カメラを調整し、彼女が帰るまで隠れる。夕方ごろ彼女が帰宅。上着を脱いでスーツのままベッドへ。「ふぅ~」とため息をついてお疲れの様子。しばらくしてスーツを脱ぐ。黒のスーツと青のシャツを脱ぐと中には黒のインナーシャツ。下着は白のブラにピンクのパンツ。上下が揃ってないですが、まさか見られているとは知らないので仕方ない。そのままシャワーへ。シャワー後、タオル姿で部屋に戻り下着をつける。今度はちゃんと上下揃った薄紫の下着です。その上から部屋着を着てしばらくダラダラ。【Chapter.02】ベランダに隠れていたのだが、もうそろそろ限界だったので、彼女がトイレに行った隙に部屋に侵入。戻った彼女を後ろから押さえ、静かにしてもらいます。多少時間はかかってしまったが、何とか静かになってくれました。ベッドの上でじっと座ったままの彼女。こちらが動くと一瞬こちらを見ますが、カメラを近づけても全然こちらを見てくれません。彼女に近づき軽く胸を揉んでみても、声は出さないが、手で拒否される。服を脱がそうとしても、ガードが強く、すぐに元に戻してしまう。仕方がないので、カメラを置いて無理やりキス。嫌がっている顔もまた可愛くてチンコもビンビン。彼女の服、手、顔にチンコを擦りつけ、口が開いた瞬間にチンコを入れて。最初は押さえていないと続けてくれなかったが、だんだん自分から上下してくれるようになった。彼女の上にまたがり、胸を楽しみながら手コキ、フェラ。パンツにチンコを入れて尻コキ。お尻がやわらかくて揉み心地最高です。マンコの方に手をやると、パンツに大きなシミが…!アップで撮ろうとするとめちゃめちゃ抵抗されます。嫌がっているが本当は感じちゃってる典型的なムッツリタイプ。後ろから彼女の手と足をおさえてマンコをいじる。「やめて…」と言いながらも、いじるとシミがどんどん広がってくる。喘ぐのを我慢して「うっ…」と声が漏れる。パンツをずらして直接触ると、クリも硬くなり、中もグチュグチュ音がでるほど濡れ濡れ。マンコをいじるのをやめると、何も言わなくても彼女からチンコを咥えてくれる。乳首を出して乳首舐め手コキ。これがかなり気持ちいい。そのまま流れでマンコに入れようとすると、「それだけは…」とかまだいっているが、マンコの方は正直なので、すんなり挿入できました。腰を動かすと、必死に喘ぐのを我慢して、また「うっ、うっ…」と声がでてしまうのが興奮します。しばらく正常位を続け、一度抜いて彼女に上に乗ってもらいます。彼女の服とブラをとり、騎乗位で挿入。乳首を舐めながら腰を動かしてくれます。下から突き上げると、こちらに身をあずけてキス。体位を変えようと一度チンコを抜くと、何故か拒否してきましたが、お構いなしに側位でそのまま挿入。次は立たせてバック。尻がぷりっとやわらかくて気持ちいい。パンパンと後ろから激し突いていると、顔を歪めて感じちゃってます。一度抜いて彼女の顔を乳首の方にもっていくと、自分からベロベロ乳首を舐めて、空いている手で乳首とチンコをいじってくれます。手マンをするとすでにびちゃびちゃ。さらにいじると愛液が太ももまで垂れてきました。ベッドにもどり側位で再び挿入。やはり必死で行くのを我
揩オている様子ですが、声が漏れちゃってます。正常位に戻り中に出すと伝えると、「いやっ…!」とギャーギャー騒ぎ出したので、そのまま生中出ししてやりました。【Chapter.03】少し休憩してベッドに戻ると、彼女は布団をかぶって寝ていたので、添い寝して少し胸揉み。彼女のお尻にチンコ擦りつけ。胸もお尻も柔らかくて最高です。良い感じに勃起してきたので、壁際でフェラ。無理やりねじ込んでも歯を立てずに奥まで咥えてくれます。次は乳首舐め手コキ。舌をチロチロ動かしてくれます。最後は手コキで彼女のお腹にぶっかけ。出した瞬間「きゃっ!」と声が出てかわいいです。2発目だけど大量に濃いのが出ました。もったいないのでザーメンは口と体にしっかり塗り込んでおきました。 ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。

関連作品
カテゴリ:(0 件あります)

Copyright © 2012 DUGA-NAVI All Rights Reserved (except photographs)